トップページ > 農家の生産物 > カラフルトマト 山中農園

カラフルトマト 山中農園

オーナーの山中さんへインタビューをしました。 

新規就農者として、新しい取り組みや勉強する姿勢を常にもっていたい。
新規就農者として、南阿蘇に迎え入れてもらったという恩を感じ、
地域へ農業を通して貢献したい、
先輩たちへの敬意を忘れないようにしたい。

農業について、深く考え行動しておられる姿勢がとても印象的です。 

- 山中 大輔さん

東海大学学生時代から農家を目指していました。

しっかりと利益を上げる農家になるには、きちんとした勉強が必要でした。

契約、営業、販促など、越えるハードルはたくさんあります。

私には、研修から受け入れてくれたご近所に住む師匠がいます。 

あまり小言は言わず、それでも「ちゃんとみとるけん」と見守ってくれる温かい存在です。


近々、師匠の息子さんが南阿蘇に戻ってくる予定なので

その時、師匠が自分にしてくれたように、師匠の息子さんにも自分の背中を見せられるような農業をしていたいと思います。


「世代を超えてつなぐ農業」

これが、地域の農業を発展させ、活性化させるものだと思います。

新規就農者として気をつけていること

 阿蘇の地へ新規就農

阿蘇の地で新規就農

私は南阿蘇で、新規就農者として地元の方に受け入れてもらいました。
恩返しとして、この地域で貢献したいと考えています。

まずは採算に合う農業を実践して、地域が活性化してほしい。

そして、今度は新しく就農する人を、しっかり受け入れたい。
新規就農者はいろいろと苦労が多いこともあります。そういった人を守っていきたいと考えています。

新規で新しいことを始める農家へは、スポットライトが当たりやすいです。
しかし、 もともとその地域で頑張ってきている方々がいます。
その方たちの地域に入っていくには、批判したり、押し付けたりしないこと。

共存しあい、その地域の先人に敬意を払うことが大事だと考えています。

当たり前の農法で、一本一本草を抜いて真面目に取り組んでおられる生産者さんがいます。
地道な農家さんほど、スポットライトが当たりづらいのが現状です。

私たちのように若くして移住すると、すぐにスポットが当たってしまいますが、

いつも変わらず頑張っている農家さんに、もっとスポットライトが当たってほしいと思います。

これまでしっかりと真面目にコツコツとされてきた方がいるから、

自分のように新しいことをしても許されていると感じるからです。

 

阿蘇草原研究会 

景観を守る農業

景観を守る農業

農業が活発になり、後継者が帰ってきたいと思えるようになるには、

まずしっかりと利益を出すことが大事です。

それと同時に、私はこの景観も守りながら農業をしていきたいと思っています。
阿蘇では草原が減ってきていて、牛も放していません。
農家が冬に野焼きをして 草原を守ってきた文化がありますが、これは1000年続いた古来の農法です。
景観を守り、かつ、効率的な農業をしていきたいと考えています。

 

トマト生産へのこだわり

多品種のトマト栽培

多品種のトマト栽培

「蜂による交配」
トマトの交配には、ハチを使っています。
また、厄介な害虫の幼虫を食べさせるために虫を放します。
そうすることで農薬を減らすことができ、また自然な交配が可能になります。

「野草堆肥」
土壌が栽培に良い菌を持つように野草堆肥を使用します。
景観の維持と土地の病気の予防、そして生育に良い菌を維持できます。