体験

ALL 食事・カフェ 旅館・宿泊 レジャー・観光 体験 お土産・物産 歴史・文化
レジャー・観光 体験 久石

道の駅 あそ望の郷くぎの

AKVは
A・・・あか牛
K・・・米粉パン
V・・・ベジタブル

の意味で、ここ「道の駅あそ望の郷 くぎの」の看板メニューになっております。
野菜がたっぷり入って、さらにハンバークは脂身が少なくヘルシーなあか牛ハンバークを使用。

女性に大変人気のハンバーガーです。

南阿蘇への旅の思い出に、ご当地のお土産を作ろうと取り組んでできたのが、このそば粉のロールケーキです。
お土産品として、幅広い年齢層のお客様にお買い求めいただいております。

添加物を入れず、素材の味をそのまま味わっていただけるようにしています。

季節商品として、ブルーベリーのロールケーキや秋口には柿のロールケーキもあります。

一般に道の駅は、ドライブのついでのトイレ休憩や、食事休憩という印象が強いかもしれません。

ここ、「あそ望の郷 くぎの」は、滞在型道の駅として、

たくさんの施設があり1日中のんびり過ごしていただくことができます。

ドックランには、県外からのお客さんが来られ

わんちゃんのオーナーさん同士が仲良く

阿蘇の自然を満喫しています。

またパークゴルフは、古代の古墳がある土地でのコースを回るので一風変わったプレーができます。

ジオパークの認定になっているここ南阿蘇の自然をたくさん感じられる

テーマパークとしての一面を持つ道の駅となっています。

道の駅から、阿蘇五岳を望むテラスに出ると

南阿蘇のご当地キャラクター 「かなばあちゃん」 がお出迎えしてくれます。

語尾に「かな~」をつける かなばあちゃんは、モデルになった実在の人物がいらっしゃいます。

体験 河陰

ブルーベリー狩り〜アスパラ農家 今村孝典さん

当初は、お米が出来にくい田んぼだったために、

「他に栽培できるものはないかな?」 と考えていたのが始まりです。

親戚がブルーベリーを栽培していて苗を分けてもらえたのがきっかけです。

当初はブルーベリーを作っても、まったく売れせんでした。
自分たちで食べたり、ジャムにしたりする程度・・・

そのころでしょうか、テレビや雑誌で「ブルーベリーは目に良い」と、

紹介される機会が増えてきて一気に人気が上がりました。

道の駅直売所で人気があるのはもちろん、

ここ農園でも「ブルーベリー狩り」に来てくれるお客様が大変増えて足りなくなってきたので、作付けを増やしました。

お子様連れの家族みんなで、ブルーベリーを摘みながら食べたり、

カップルで楽しんでもらえることが増えました。

ブルーベリーは味が繊細で素朴です。

食べるときは、5〜6個まとめて口に入れると味がよくわかります。

阿蘇の大自然を、珍しいブルーベリーの実を摘んで食べれる農園なので

ぜひみなさんで遊びに来て頂きたいです。

阿蘇の農産物はなんでも美味しい。
きれいな水と 野菜の甘みが引きでる寒暖の差がでるためです。

その甘みを引き出すため、アスパラの生産にはなるべく薬の使用を少なくした生産を行っています。
阿蘇は高冷地のため病害虫が少ないので、薬の使用も最低限で済みます。

薬は昔ほど強いものではなく、私たちが風邪の時に飲む、風邪薬と考えて下さい。
普段は、冬のうちに土を焼いて殺菌します。

朝収穫をするのですが、私はお腹が空いてしまった時は畑から採ってそのまま食べてしまいます。

初めて農協の展示会で見たときにその場で気にいってしまいました。

排気ガスを出していない。

このことが何より嬉しいです。

また、経済的にもお財布に優しく、ガソリン車を使用していた時は月に2.5万〜3万の燃料費が、電気自動車に変えてからは月に4千円程度になりました。

音が静かで力もあり、南阿蘇で農業をする際の頼もしいパートナー・大好きな車になっています。

イベント情報

現在、イベント情報はありません。

イベント情報一覧